ゆたかな生活の知恵ブログ

ミニバラの花言葉!種類、うどん粉病の時期、植え替え、剪定、挿し木など育て方についても!!

      2016/09/05

ミニバラについて

img3b987d61zik9zj
ミニバラは写真のように美しさ、可憐さを
兼ね備えたバラの1種です。
もともとはバラを品種改良して生まれたミニバラですが、

原産地としては、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど
非常に広い範囲で生息している植物です。
開花するのは春終わり、5〜6月頃です。

ミニバラの花言葉

ミニバラは品種の多さから、
その花色によって別々の花言葉があります。

・赤色
711242
赤色の花びらのミニバラは「愛・美・熱烈な恋・私を射止めて」というものです。

・白色
imgeba2074azikbzj
白色の花びらのミニバラは「清らかな愛・心からの尊敬・相思相愛・清純」というものです。

・ピンク色
img3b987d61zik9zj
ピンク色の花びらのミニバラは「満足・輝かしい・愛を持つ・一時の感銘」というものです。

・オレンジ色
IMG_4968-3
オレンジ色の花びらのミニバラは「無邪気・爽やかさ」というものです。

・青色
225223889.v1437017902
青色の花びらのミニバラは「神の祝福・奇跡」というものです。

・紫色
20120302225313f64
紫色の花びらのミニバラは「上品・気品・尊敬」というものです。

スポンサードリンク




ミニバラの育て方

まず育てる環境としては、日光が好きなので
日当たりのいい場所で育てましょう。
水やりに関しては、朝夕涼しいときにたっぷり水をあげましょう。
庭植えであれば基本いりません。
ただ、乾燥期には土が乾ききっているなら与えてあげましょう!
冬場は寒さに弱いので花に水をかけないでください。
花が痛む可能性があります。

ミニバラの育て方で注意がいるのは、
病気です。

ミニバラの病気

ミニバラの病気は非常に多岐にわたるので
細心の注意を払い、育てましょう!

うどん粉病
dscn2021

カビ菌で葉っぱが真っ白に染まる病気です。
だいたい春秋頃に斫病する病気です。
病後はどんどん花の元気がなくなっていき、最終的に枯れます。
発見後はさっさと殺虫剤を使って治しましょう。

あとは、アブラムシ、ハダニ、カミキリムシです。

アブラムシも春秋に発生します。
つぼみ、葉っぱの樹液を吸って、最終的に植物は枯れてしまいます。
発見したら、さっさと殺虫しましょう。

ハダニは、乾燥し始めた時期に発生し、こちらも枯らされます。
さっさと駆除しましょう。

カミキリムシは夏場に出現して、枝などを噛みちぎります。
羽があり、とんでくることがあるので
防虫ネットを張って対策を練りましょう。

ミニバラの植え替え

ミニバラの植え替えは冬場、12月〜1月くらいが適期です。
より大きな鉢に変える「鉢増し」と、
同じ鉢に移す「用土替え」の2つがあります。

ミニバラの増やし方

ミニバラの増やし方は挿し木がいいと思います。
だいたい5〜8月頃が一番成長期なので、合うと思います。
なるべく多くの枝を集めて挿し木をしましょう。

まとめ

さぁいかがでしたか??
ミニバラの生態について様々お話ししました。
非常に品種が多いのでそれによって多くの花言葉がありましたし、
色々な育て方についてもお話できましたね。

このように当サイトでは、
様々な情報提供をさせていただいていますので、
他のブログも是非ご覧くださればと思います。

ご覧頂き、ありがとうございます。

 - 花言葉