ゆたかな生活の知恵ブログ

お彼岸のお供え!のし、仏壇マナーどうするの??お菓子、花、ぼた餅、おはぎの金額ってどのくらいがいいの??

   

お彼岸シーズン到来

5ce59ee2c9f593b05d137248ba3c22e7
お彼岸は、春、秋頃に
お寺や知人、親戚の家、お墓に
菓子折りやお供え物を持参して
お参りしたり、訪問することを言います。


ちなみに「彼岸」というのは、
あっちの世界のことを指します。
春、秋でお彼岸と呼ぶのは、
日が出ている時間、日が落ちている時間が同じくらいとなり、
この世と「彼岸」が通じやすいということで
この時期にお彼岸ということでお供えをします。


この彼岸の趣旨は、
祖先や故人の供養するためとされています。


お供え物については、
きちんと「のし」と呼ばれるものが描かれた
かけ紙を付けたものを差し上げましょう。

今回はこのお彼岸のお供えもののポイントを
お話します。

スポンサードリンク




お彼岸のお供え物ってどういったものが適切??


今更知りませんって言っても聞けませんもんね笑
お彼岸のお供え物って何がいいか。

定番なのは、「お花」「ぼたもち」「お菓子」「おはぎ」
「故人の好き好んで食べていたもの」
などです。

とはいえ、何がいいか悩む人も多いと思いますが、

一番はその人のことを思い、
感謝する気持ちだと思います。


お彼岸ののし

nosi

関東では黒白の水引きののし紙
関西では黄白の水引きののし紙



水切りというのは結び切りを選びましょう。
この意味合いとしては、
この悲しみを何度も繰り返さないようにという祈りを込められています。


お彼岸での正しい仏壇の飾り付け

お盆とは違い、お彼岸には特別に決まった仏壇の飾り付けはありません。
なので、意識すべきは綺麗に掃除をして、
祖先が過ごしやすい環境を作り、さきほどの
お花や、お菓子、だんごなどを綺麗にお供えしてあげるといいでしょう。
ちなみに春はぼた餅、秋はおはぎが定番とのことです。

これらを仏壇に供えてあげ、
感謝の気持ちを伝え、
最後には家族で食べましょう。



まとめ


さぁ今回はお彼岸のお供えものについて
お話しました。

日々忙しい現代人は祖先への感謝を忘れがちです。
お彼岸がある毎に、祖先への思いを馳せ、
「感謝の気持ち」を伝える習慣を持ち続けましょう。

このように当サイトでは、
様々な情報提供をさせていただいていますので、
他のブログも是非ご覧くださればと思います。

ご覧頂き、ありがとうございます。

 - イベント