ゆたかな生活の知恵ブログ

オジギソウ種の育て方!なぜ地震が起こるの??

      2016/08/28

オジギソウとはどんな花!?


写真の通り、葉っぱの多い植物です。
南国を感じさせるだけに、原産地はブラジルの植物で、多年草です。
ただ、寒さにめっぽう弱くて、日本の冬を越すことが難しく、一般的には1年草として扱われています。
沖縄で自生していますが、冬場は自生で生きられないので、室内で育てるようにしましょう!


参照:youtube動画

オジギソウの花言葉


オジギソウは、大人しめな印象を持たらせる外見と、そっと触れるだけでパッと閉じるという特徴から

「感じ易い心」「デリケートな感性」「謙虚」
というものが挙げられています。


オジギソウの育て方

育てる環境としては、日当たりとお水の量をきちんとしてあげましょう。
日当たりのいいところに置いて、お水はたっぷり与えるように心がけましょう。
肥料は多すぎると生い茂りすぎて花が咲かない恐れもあるので基本的に与える必要がありません。

冬場は寒さに負けてかれてしまうので、
冬前に毎年育てたいなら、花から種を取っておきましょう。

スポンサードリンク






病気についてはダニ、シラミやコナカイガラムシが要注意です。
ただ、疫病というよりは冒頭に挙げたように冬場の寒さに弱いので、そちらのほうをケアしたほうがいいです。


オジギソウとは地震予知草!?

実はこのオジギソウ。地震を予知する植物なんです。
葉が開いたり、閉じたりすることで数時間後、実際に地震が来ると言う風に言われています。
ちなみにオジギソウは夜になると、葉が閉じる習性があるので、
昼まで限定での予知になります。
地震予知できる植物ってすごいですよね。
動物でも鳥やカラスも・・・ネズミもカエルもわかるようです。
深海魚も海面まで上がって逃げてきたり
⒌感がするどい自然界の生き物だからできる芸当ですね。


まとめ

さぁいかがですか??
オジギソウの育て方、花言葉、地震との関係性を書かせていただきました。

繊細な花だという印象がわかりました。
「感じ易い心」「デリケートな感性」「謙虚」
という花言葉。
育てる環境も非常に簡単なので育て易い花木だと思います。

このように様々な花言葉について記載していますので、
よろしければ、他の草木についてもご覧ください🎶

 - 花言葉